#ゆるりチラリ 【 神様が、いなくなる月 】
(NEWS)

 

いつも「元気のかけ流し」

どうも!ゆるり乃湯のあっちゃんです!!

 

秋桜(あきざくら)。

聞きなれない名前ですが、実は「コスモス」の別名です。

 

先日道を歩いていると、コスモスが咲いているではありませんか。

秋を告げる花、コスモス。

今がまさに見頃です。

 

 

早いもので、10月も中盤を迎えようとしています。

10月は「神無月(かんなづき)」と呼ばれたりしますが、「神無月?」と思ったことはありませんか?

わたくし、あっちゃんは、今まで気に留めたこともありませんが。(汗)

#ゆるりチラリ」に携わるようになり、ふと気になったわけです。(笑)

 

「出雲観光ガイド」の請け売りによると

旧暦10月は、全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲の国に集まる月。

他の土地では神様が留守になるので神無月といいますが、出雲では”神在月”と呼びます。

 

神々が集う出雲の各神社では「神迎祭(かみむかえさい)」に始まり、「神在祭(かみありさい)」そして、全国に神々をお見送りする「神等去出祭(からさでさい)」が行われます。 

神無月(旧暦10月)に全国の神々が出雲に集まるという伝承は、平安時代末の「奥義抄(おうぎしょう)」以来様々な資料に記されています。

神々は出雲大社や佐太神社などに集まり、酒造りや、縁結びについて合議されると民間伝承では伝えられています。

 

 

神々はなぜ出雲に、なんのためにお集りになるのでしょう?

 

 

大国主大神が天照大神に「国譲り」をなさったとき、

 

「私の治めていますこの現世(うつしよ)の政事(まつりごと)は、皇孫(すめみま)あなたがお治めください。これからは、私は隠退して幽(かく)れたる神事を治めましょう。」

 

と申された記録があります。

この「幽れたる神事」とは、目には見えない縁を結ぶことであり、それを治めるということはその「幽れたる神事」について全国から神々をお迎えして会議をなさるのだという信仰がうまれたと考えられます。

 

神魂神社やかつての佐太神社では、諸神の親神にあたるイザナミノミコトの法事のために参集されると伝えられています。

また、出雲に来ず留守を守る神様もあるようです。

 

いやぁ、難しい言葉が並び、わたくしあっちゃんはチンプンカンプンです。(笑)

でも、このような神話からの伝承が今も続いている事実は素敵ですね。

勉強になりました。

 

 

神社のお話ついでに、花尾神社がなぜ「さつま日光」と呼ばれるのか?

ご紹介します。

 

「日光」とは、 栃木県日光市のことですね。

そこにある日光東照宮には、徳川初代将軍「徳川家康公」が祀られております。

要は、この日光東照宮と花尾神社の社殿がよく似ているといわれたことが「さつま日光」と呼ばれる所以です。

 

 


 

 

木々に包まれ、厳か雰囲気。

外界とは一線を画す澄み渡る空気感。

そして、美しい歴史ある社殿。

 

 

詳しくはまたの機会にご紹介するとして、約800年の歴史があるさつま日光花尾神社。

美しい社殿は一見の価値ありです。

 

 

次回はなんだかいい香り

#ゆるりチラリ

でさあ検索!!